トップページへ > 収納元が同じものは同じところへ
収納元が同じものは同じところへ
"引っ越し後の片づけで一番困ることはやはり、なにがどこにあるかわからなくなることではないでしょうか。 収納家具をそのまま持って行って使うのであれば、同じ収納にあったものは同じ箱に入れるのがわかりやすと思います。 新たに収納家具を買い足す場合には、種類別に分類すれば、スムーズだと思います。 私は引っ越しのことを考えて、普段からタンスは使わず、衣装ケースの引きだしタイプを愛用しています。 それであれば、引っ越しの時、そのまま移動できますし、引っ越し後もすぐに使うことができます。 何をどこにいれるか比較的わかりやすいもの、たとえば、衣類、食器、日用品、書籍類、こどものおもちゃなどは楽なのですが、一番迷うのが処分に困るような思い出の品。 私もそうなんですけど、家族の持っている土産物でもらったキーホルダーや学生時代の生徒手帳や文集といった思い出の品。それから子供が学校で書いてきた絵や作品、賞状など。かさばるけど捨てられないものは、どこか押し入れにスペースを確保しておかないと片付かなくて困るものです。 "

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 長崎県の引越し業者 . All rights reserved